3Dプリンター」への8件のコメント

  1. こんにちは。久々にコメします。
    3Dプリンターの時代がやっと日本にも来たという感じです。
    5~6年前に大塚商会の展示会で3Dプリンターが1000万円位するのにびっくり
    したものです。ネットでいろいろ探したものです、アメリカでホビー用のものが
    5万円台で買えるようなのもありました。
    大抵は、3DCADでシュミレーションできるが、やはり模型が必要です。
    日本語バージョンが出回れば、それこそ爆発的に普及すると思いますね。

    • こんにちは
      >日本語バージョンが出回れば、それこそ爆発的に普及すると思いますね。
      国産のプリンターも登場しているそうですね。

      >大抵は、3DCADでシュミレーションできるが、やはり模型が必要です。
      3DCG、3DCADの二種類があります。ただマシンとの互換性の問題かと思います。
      3DCGはDXF、3DCADはSTLが主かとおもいます。
      自分が3DCGのパーツ作成に使用しているメタセコイヤはSTLに対応しています。

      >それこそ爆発的に普及すると思いますね。
      近年、企業を中心に爆発的に普及するのではと思います。
      企業の多くは開発ニューモデルの製作に膨大な費用を投じています。
      仮に数百万、数年万の3Dプリンターを導入したとしても、そのニューモデル開発ランイングコストは大幅に削減できると思うからです。

  2. なんかすごい世の中になってきました。
    「あのころの未来」にいると実感する今日この頃です。。。

  3. 応用価値は結構あると思います。
    ただし、コストがかかりすぎて現状では個人で所有するのは難しいでしょうね。
    3Dプリンターを制作する側か使用する側かによってもけっこうちがうのでしょうが、使用する側としては・・・・
    インク?の種類などで出来上がるものの強度、柔軟度、精度、自由度などでいろいろと応用範囲が出てくるのでしょうね。
    たしかTVで手術前のリハーサル用の患部を3Dプリンターで作成して販売している業者を見ましたよ。

    • こんにちは
      >ただし、コストがかかりすぎて現状では個人で所有するのは難しいでしょうね。
      樹脂単価が1グラム45円とか、ブローチ一個つくると1500円位の材料費がかかりますね(w
      >たしかTVで手術前のリハーサル用の患部を3Dプリンターで作成して販売している業者を見ましたよ。
      CGアニメオタクのお医者さんが、技術習得の為にアメリカ留学して日本医学会に持ち込み認知され、今日の日本医学会の革新をもたらせたと聞いています。

      >使用する側としては・・・・
      一般家庭用としは、有害物質拡散など課題もあるように聞いています。

      >強度、柔軟度、精度、自由度などでいろいろと応用範囲が出てくるのでしょうね
      今後メーカーの技術革新が加速されるように思いますし、使用側の工夫によってはその用途が拡大されるのでは?と思います。

  4. 3DプリンターはTVのニュースで見たけど、
    画期的なプリンターで驚くことばかりだったわ(@0@)ビックリ!

    • 今後日本の中小企業にも爆発的に普及するかも知れませんね。
      今年は日本の3Dプリンター元年と言えるかも?

Wordpress以外からコメントされる方はゲストでお名前を入れてみてください。但し一度だけ承認待ちになるかもしれません。コメントをどうぞ。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中