嗚呼「紫電改」」への30件のコメント

  1. 戦争はいけない事ですが、技術の発展の裏に戦争があったことは事実。
    複雑ですね…
    CGもリアルに仕上がって居ます!

  2. 紫電改物語
     戦争の悲惨さで 涙なしでは読めない物語
     若くして命散らした若者達の冥福をいのるばかりです。

  3. 「はとぽー」なんていってごめんなさい・・・。
    知らない世代が大半になって来ましたが、忘れてはいけないことがいっぱいあるのですね。

  4. こんばんは
    紫電改が勢ぞろいすると 迫力がありますね。終戦の頃 飛び回っていたんですかね。そのころは まだ 小3でしたので 見ていたとしても分からなかったでしょうね。カラーもいいですが モノクロも凄味がありますね。ここまで仕上げるのには 大変だったでしょうが,出来上がって ホッとされているんでしょうね。お疲れさまでした。

    • 自分は終戦の年はまだ生まれていません。(笑
      この紫電改製作開始からここまでで約2週間です。今は次はなにを作るか考えています。

    • >源田司令とは源田 実氏の事でしょうね。
      彼の事について検索記事で読みました。なんとも言えない複雑な気持ちになります。その記事によるとこの物語も彼の誇大捏造となりますね。

  5. こんばんは^^
    終戦間際の状況が伝わってきました
    といっても戦争をしらないpikaoですが・・・(笑)
    幻の戦闘機「紫電改」 好きです

  6. すごい伝説の飛行機だったのですね・・・・・。

    何人も特攻をして亡くなったなんて今の世の中では
    信じられません。

    そんな素晴らしい伝説の飛行機。

    CGも立派に仕上がりましたね。

    • 物語そのものは自分もこれの作成に入るまで知りませんでした。
      でも凄い物語があったのだなって思います。今回のCGにはそれなりの満足感があります。さて次はなにを作りましょうか?(笑

  7. こんばんは。

     大変な労力を費やしたでしょうね・・・

     素敵です^^v

    ぽち

  8. 壮絶な話ですね。
    いたたまれなく、なります。

    CG、カッコよくなりましたね。
    ホント、こういうのって、細部の調整が大変そう。がんばってくださいね。

    • 自分もこのお話は知りませんでした。「紫電改のタカ」はこのお話をもとに描かれていたのかも?CGでリアルを追求しだすと大変な事になります。(笑

  9. いよいよ決戦スペクタクル・シーンへ突入ですか?
    本当は色んな思いが交錯した戦だったんでしょうね。
    そして多くの命が散った。
    こうして、ニコラスさんの画像を楽しめる自分を幸せに思います。
    ところで、搭乗員のキャラ名「紫電改のトキ」なんて、どう?
    すでに滅んでしまった日本人の心の復活を願って!
    トキは朱鷺だけど、時にも重なります。

  10. ちょっと涙がでました。戦争してはいけないけど、置かれてしまった状況で自分のできることを尽くす人間には、感動します。

    カラーバージョン(左ですね)上から3枚目のプロペラの真珠色の輝きには、美しさと儚さを感じました。モノクロームもかっこいいですが、こういうとき色というのはまた異なる力を感じます。

Wordpress以外からコメントされる方はゲストでお名前を入れてみてください。但し一度だけ承認待ちになるかもしれません。コメントをどうぞ。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中