「PLAY Animation Importer for Unity」について

ここは公式なのものではありません。

従いまして不具合発生に対してのいかなる責任をも負いかねます。

自己責任にて対処お願い致します。

KYGがこのプラグイン使用上の気が付いた注意点を記載していきます。

3Dゲーム制作ソフトunityと3DCG制作ソフトDOGAとのコラボ!!

これによって、unityゲームにオリジナルアセットをDOGA関連ソフト(低額及び無料)で簡単に制作してゲームソフトunityに手軽にインポートできます。

このプラグインを使用する為にはいずれかの登録が必要です。

L1無料 L2-¥1000 L3-¥3000  とてかんCG-¥2808 (商用ライセンス¥20000)

DDOGA 関連ソフトではスターウォーズをイメージした3DCGモデルを簡単に制作できます。

「プラグインダウンロード、及び公式マニュアル」こちらをクリックしてください。

unity251unity252

使用方法

DOGA関連ソフトでモデリングをします。

unityへインポートすると前方が、unityでは上方(向きは正常ですが)に認識されるようですので。

このままだとシューティングゲームで高射砲状態になります。(天井から上に向かって弾が飛び出します)(w

ですから上に前が行くように調整します。 たぶんいずれこれは修整されるかも知れませんけどね。

unity241unity242

Scaleが大きすぎるので、縮小をかけます。

Scaleの設定はunityでも行えます。

* しかしこの場合インポー後にUnityで回転させる必要があります。

*人体型の検証はまだ行っていません。

自分にはこのまま放り込むとあまりにも大きすぎるような気がしました。(o.oo5)

縮小の仕方は 全体を囲むだけで出来まね。

unity253unity254

 

PLAY Animation Importer for Unityを使ってunityにインポートします。

インポートの仕方につて詳しくは正式なサイトを御覧下さい。

unity255unity245

こんなゲームが簡単にできました。

現在ゲームを制作されていて、オリジナル3DCGモデリングを志す方にはお勧めプラグインかと思います。

—————————————————————————————————————————–

2014-10-20。オリジナルテクスチュアマッピング、検証結果報告。

20141020 版での検証です。

DOGAL3にて、色1、色2にそれぞれ オリジナルテクスチュアを貼り付けました。

unity261unity264

色2のみインポートされています。

色1色2の配置を交換してみました。

unity262unity265

色2だけインポートされています。

色1にDOGA純正色に2にオリジナルを貼り付けてみました。

unity263unity266

色2だけインポートされました。

*現在の処、色1、色2の内いずれかのマッピング情報でしか反映されませんのでモデリングの注意点かも?

———————————————————————————-

2014-10-22

DOGA β板SUFをunityへのインポートできました。

今回はunity内でマッピングしました。>プレファブ化>大量配置

マッピングDGGA内でしても良いかも。これで作業がだいぶ楽になるかも。

unity291unity293

これに配置しました。

unity294

——————————————————————————————-

ボーン。と関節設定

DOGA

unity310

unity

unity311

——————————————————————————————————–

2枚のテクスチャ対応版(20141023)検証結果。

2枚のテクスチュアが合成されて1枚となりインポートされています。

2枚ともDOGAの場合。

テクスチュア番号は2枚目が適用されています。

unity412 unity411

オリジナル2枚も同様に合成され1枚としてインポートされています。

2枚ともオリジナルの場合。

こちらも同様に2枚目の番号が適用されています。

unity413unity414

2014-10-28 *強調度など細部設定は反映されないようです。

20141102板 検証結果。同じ材質のポリゴンを1つのMeshにまとめるようになりました。

左のものが右のようになりました。  

unity491unity492

これも次のように変化しています。

unity493

 

—————————————————————————————————————-

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村

「PLAY Animation Importer for Unity」について」への7件のコメント

  1. 20141023記事転載

    >日記でかまださんがこう書いている通り、
    商用ライセンスは不要でUnityアセットストアでの販売が可能です。

    これまでも L シリーズのデータを使って同人ソフトの開発・販売は
    認めてきましたがその方針を維持しています。
    (明らかに同人の規模を超える、また商業ベースだと商用ライセンスの
    導入をお願いしています)

    L3 等に収録されている個々のパーツやサンプルデータをそのまま、
    だとさすがに…というのはありますが、
    (そもそも売れるのかどうかもようわかりませんが)

    ご自身の力作を販売されることに対しては、何も制約はありません。

  2. 動作検証ありがとうございます。
    L3の2枚のテクスチャに対応していないという問題ですね。
    時間がかかっていますが対応中ですのでしばしお待ち下さい…。

    > DOGAファンの方々が楽しく遊べる事を期待しています。
    ありがとうございます。「楽しく」がちゃんと実現できているかどうか、肝に銘じたいと思います。(_o_)

    • ご丁寧なコメ対応及びプラグイン開発ありがとうございます。

      ゲームの世界はスマホが主流を占めているそうですね。

      その為にはゲームを軽く作る必要性が生まれてきます。

      スマホゲームの主流はまだまだ2Dですが、3Dシューティングも顔を出しつつあるように自分は思います。

      近い将来3Dが主流となるのかも???(わからんですけど)(w

      DOGAL3で作成したロボット大戦などがゲーム上で3Dゲームとして活躍してくれると、
      とても嬉しく思います。そして軽作る為にはDOGAさんの「軽く作るという基本」が役に立つと信じています。

      今後とも宜しく御願い致します。

      • 2枚のテクスチャ対応版(20141023)を公開しましたのでお試し下さい。
        L3のロボットをUnityに持って行くにはコネクションビルダやモーションエディタの
        データもインポートできないといけないですね。
        …何とか時間作ってがんばります(^^;)

        • プラグイン開発いつもお疲れ様です。ありがとうございます。

          >2枚のテクスチャ対応版(20141023)の検証を行いました。

          あれ?って最初まごつきましたが、2枚が合成され1枚としてインポートされました。

          >L3のロボットをUnityに持って行くにはコネクションビルダやモーションエディタの
          データもインポートできないといけないですね。
          できるなら素晴らしいです。

  3. 固定ページありがとうございます! 早速ゲームが動いているのが素晴らしいです。
    先ほど公開した 20141020 版にて独自テクスチャの不具合を修正しましたので、ご確認頂けると嬉しいです。
    また向きがおかしい問題も追って調査します。

    • >20141020 版にて

      プラグイン開発お疲れ様です

      上記に検証結果報告をupしました。ご参考になればうれしいです。

      DOGAファンの方々が楽しく遊べる事を期待しています。
      結果的には、色1と色2との両方のインポートができればいいのですけど?。

Wordpress以外からコメントされる方はゲストでお名前を入れてみてください。但し一度だけ承認待ちになるかもしれません。コメントをどうぞ。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中